【耳鳴り.com】〜耳の構造と役割〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
337ri.com★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link






ここでは耳の構造と役割について、詳しく説明しています。

耳は耳介に始まり、耳の中は外耳中耳内耳の3つの器官からなります。
耳介で音波を集めると、外耳道で拾った音波を収束し中耳へと伝えます。外耳と中耳の間には鼓膜という半透明な膜が張られていて、集められた音波が鼓膜を振動させます。鼓膜の奥は鼓室と呼ばれる空洞があり、鼓膜には3つの耳小骨(ツチ骨・キヌタ骨・アブミ骨)が繋がっています。鼓膜の振動は耳小骨を伝って内耳へと送られます。また中耳腔は耳管で鼻の奥と繋がっています。
こうして鼓膜に伝わった振動は、内耳の蝸牛に流れているリンパ液を揺らし、その揺れを有毛細胞がとらえて電気信号に変え蝸牛神経に伝えます。蝸牛神経から脳へと信号が伝わり、こうして私たちは音を音として認識しているのです。

また内耳では蝸牛(かぎゅう)と前庭(ぜんてい)の2つに分かれ、蝸牛では聴覚を、前庭では平衡感覚を司っています。蝸牛とは元々カタツムリのことで、内耳の形がカタツムリと似た形状をしていることから名付けられています。蝸牛からは蝸牛神経が、前庭では前庭神経が脳へと通っていて、双方合わせて内耳神経と呼び12対ある脳神経の内の第8脳神経に分類されます。

耳の役割と言えば「聴く」ことですが、もう一つ私たち人間になくてはならない役割を担っています。それは「平衡感覚」です。内耳の前庭では、卵形嚢・球形嚢・三半規管の3つの器官からなり、卵形嚢・球形嚢は耳石系と呼ばれ、直線方向の動きや重力、そして遠心力を司ります。三半規管は回転運動を司ります。これらの信号は前庭神経から脳へと伝わります。

このように耳の役割は聴くことだけでなく、平衡感覚も司っている器官なのです。


⇒ 耳鳴りとは


sponsored link



copyright©2014  【耳鳴り.com】〜原因・症状・治し方〜  All Rights Reserved